Mとオタクとナルシストは最強

久々に書いていきます。

 

過去に書いてたネタを久々に見ると、恥ずかしくて消したくなりますが、

そのとき、そのときで、本気になって書いたことだと思うので、

そのときの気持ちを忘れないためにも、消さないでおこうと思います笑

 

これからも、自分の中にあふれた考えとかを外に出していこうかなと思います。

 

そんで、色々と考えた結果、Mとオタクとナルシストな人が一番無敵だということに

結論至りました。

 

え、なんでか?

 

それは、ですね。 人生を生きていく上で、人の悩みというのは、9割型、人間関係だと言われているからです。

 

言葉が足りていなくてすみません。

 

人の悩みが9割,人間関係ならば、それを解決するためには2つの方法があります。

 

人間関係で起こる問題をその都度解決できる術を持つか、極力人に頼らずに一人で生きていく術を身につけるかだと考えられます。

 

その内で、一人で幸せに生きていける術を一番身につけているのが、オタクであると考えています。

 

オタクは自分の好きなものをしている時が、一番幸せで、他人が介在しません。

他人の意見はどうでもよくて、自分が良いと思ったものが良いと思うので、ブレもありません。(この時点で、相手に無理に合わせていたり、他人に好かれたいと思っている趣味などは、オタクに含まれないこととします。)

 

他人の意見を気にせず、好きなことをやることほど、幸せなことはないのです。

 

続いて、ナルシズムです。

これは、自意識過剰というよりは、自尊感情が多いということが挙げられます。

 

自意識過剰は、自分のことを意識しすぎていることで、口に出してしまうとよくないことです。

なので、「俺って〇〇だから」って言葉は自意識過剰になってしまうと言えます。

俺ってかっこいいも、俺ってカッコ悪いも、俺って普通だからも、全部自意識過剰と言えます。

 

自分に対しては、常にマイナスだと考えず、そんなことはないと思うことです。

全ては、他人が評価したことなので、自分の評価は自分で決めることができます。

ナルシズムは、内に秘めて、明言せずとも、オーラから出てくると良いです。

どちらかというと、自分はできる!!と思いすぎても、大きすぎると反動が大きくなるので、自分はできないこともない!!と言い換えると良いかもしれません。

全部プラス思考、ポジティブで入られたら、いいかもしれないですが、それよりマイナスを0にしようと考えると自然と全てがポジティブになります。

 

最後に、Mの心を持つことです。

オタクの心は人と関わらずして、幸せを感じられる力です。

ナルシズムの心も、人に関係なく、幸せを感じられる力です。

しかし、Mの心は、他人の言葉を自分の幸せに変えられる力があります。

 

一人で生きていいけるなら生きていきたいですが、そうはなかなか行きません。

特に、オタクでナルシズムを持っていたら、人からの嫉妬や、心無い言葉を受け取るかもしれません。

それら、全部を自分の成長のために言ってくれてるんだ!!,自分のために言ってくれてるんだ!とMの心で変換することができれば、

生きていいく上で,楽になれると思います。

 

銀魂で「Mってある意味無敵」ってタイトルの話の回ありましたが、すごい名言だと思います。 辛いことが幸せなんですから。

 

 

まあ、世の中で色んな辛いことがありますが、上記の3つを兼ね揃えていれば、なんとかやっていけるのではないのでしょうか。 3すくみで2つへし折られても、一つ満たされますから。

 

今の自分を否定しなくていい

表があるなら、裏がある。裏があるなら表がある。
善があるなら、悪がある。悪があるなら、善だってある。

自分の悪いところは、良いと思える部分にもなりえる。

 

変わろうとすることも大切だけど、変わらずにいることだって大切なこともある。

 

 

自分は何を大切にするかによって決まる

久しぶりに投稿(思ったこと色々)

すごくブログを書きたくなったので、久しぶりに投稿します.

 

だいぶ日にちが空いてしまいましたが。

 

急なんですが、皆さんはマンガ好きですか?

 

自分、今日漫画を読んでで、やっぱり漫画好きだなあと思いまして。

 

自分の趣味なに?って言われても、あまり思いつかなかったんですけど、最近は「マンガ」っていえる気がします。

 

初めは、相手への印象とか考えている自分がいて、かっこよさげなことを言っていたんです。 

 

でも、今ひとつそうなのかな?と思うことがあって。 

前から、マンガは好きだったんですが、あまり言えませんでした。

 

マンガって、なんとなく幼稚なイメージがあって、大人になるにつれて、言えなくなっていたんです。

 

自分自身で自分のイメージを固定していました。 これをやることが良くて、これはちょっとみたいな.

 

でも、最近だと他の人よりも、漫画のことが詳しくなって、それが誇りに思えてきたんですよね。

 

そして、自分の思考、考え、価値観を広げて、成長させてくれたものが漫画でした。

 

いつでも、身近にあって、友達と仲良くなるきっかけも漫画でしたし、自分の知らない世界を知ることができる道具でもあり、教科書でもありました。

 

自分にとって、なくても生活を行えるものだけど、切っても切れない、なくてはならないものが、漫画であり、それは生きて行く中で、実はとても重要なものだとも漫画でわかりました。

 

そこで、自分のオススメの漫画を書きとめようと思います!

 

今の自分のオススメは

妖怪アパートの幽雅な日常

・インベスターZ

この音とまれ!

です。

 

妖怪アパートの幽雅な日常は偶然読んだのですが、心のモヤモヤがサーっと消えるような、読後は前向きな気持ちになれる漫画です。本当に多くの金言が出てきます。

原作は小説らしいので、一度は読んで見たいなと思います。 

とても共感できたので、この本を読んで面白いと思えた方と、お話してみたいですね。

 

インベスターZは、株のお話がメインですが、お金にまつわる様々なお話が出てきます。

その中で、当たり前の常識や感情論などで言われていることに対しての疑問などを、論理的かつはっきりと説明していくので、為になり、勉強になります。

 

漫画は、楽しく、面白く、かつ学べる所が、良いところだなあと思っています。

 

この音とまれ!は琴の漫画です。 題材が珍しいですが、めちゃめちゃ熱く盛り上がります。あと、めっちゃ青春してます。

 

好きなところは、みんな悩みを持ちつつも、すごい良い人ばかりな所ですね笑

成長して行くステップがすごく良い。

 

あと、絵がとても綺麗で好きです。

めちゃくちゃ青春していて、よくある少女漫画より、キュンキュンすると思います。

 

この3つはめちゃくちゃオススメなので、ぜひ読んでみてください!

 

 

次にアニメ化ありそうな漫画

どーも、しっとこです。

 

僕、結構マンガが好きで、ジャンル問わず雑多に読むんですが、

 

最近ハマった漫画の中で、オススメがあって、

「星野、目をつぶって」というマガジンに掲載されている漫画です。

 

https://www.amazon.co.jp/星野、目をつぶって。-1-講談社コミックス-永椎-晃平/dp/4063957063#

 

まずこの漫画の面白い所は

キャラがそれぞれ立っていて魅力的なところ。

 

それぞれのキャラが、各々の考えをしっかり持っていて、あまり嫌いになる性格のキャラがいないです。

捻くれていたり、めんどくさい性格の部分も主人公にはありますが、心の根っこでは相手のことをよく考えていて、相手のことを考えすぎて傷ついて、捻くれてしまう部分があります。

 

また、ヒロインもそれぞれが魅力的で、自分はラブコメでも、コメディ多めで、たまにラブありの方が好きなので。

一人一人の主人公への好きな気持ちが、見え隠れする感じが、良かったです。

 

これ、アニメ化すると、結構人気になるんじゃないかなと思っています。

 

普通にラブコメとして、笑える所、萌える所がたくさんあるし、絵もヒロインはキレイでありながら、コミカルな画風もあるので、

 

これからアニメ化すると思いますよー!オススメです!

 

ただ、それまでに完結する感も少しありますね...  キレイに終われば全然okだと思いますが。

 

 

宇宙・星に関係する曲は外れがない件について

どーも、しっとこです。

 

最近思ったことですが、宇宙や星に関連する曲って外れないなーと思って。

 

多分、自分が好きなアーティストの中で、歌っている人が多いからかと思うんですが、

結構好きな曲が多いなーと思って。

 

 

それって、宇宙ってだけで、なんかワクワクする男のロマンみたいなのもあるのかなーと。

 

単純に、説明できないですけど、広大な宇宙の神秘、奇跡、希望みたいなものがあって、未知のものってわからないけど、わからないから想像できるし、わからないから知りたいんだ、ってことを感じさせてくれる、小さいころ周りの世界が知らないことだらけでワクワクしたあの気持ちにさせてくれるものなのかなと。

 

どんどんズレてしまっているんですが笑

 

星・宇宙に関する曲、題名が星、宇宙に関連する曲でオススメのものを紹介します。

 

1.Mr.chirdren:箒星


Mr_Children/箒星.avi

 

2.スピッツスターゲイザー


スピッツ / スターゲイザー

 

3.Bump of chicken:天体観測プラネタリウム, supernova

 


BUMP OF CHICKEN『天体観測』

 

4.アジアンカンフージェネレーション:惑星


AKG - "Wakusei" @NM08

 

 

1.の箒星に関しては、ミスチルの曲の中でも1.2を争うほど好きな曲です。

サビの「古い遊園地の観覧車から、見慣れた街見下ろし~」の部分は、乗ってないのに子供の頃の思い出が蘇って情景が浮かび、踊り出したくなるほどテンションが上がります。 実際に、pvもとても好きで、聞いているだけパワーをもらえてくるようなpvとなっています。

 

2.のスターゲイザーに関しては、一転して、切ないサビから始まります。

僕は、スピッツは男性グループの中でも、ここまで泣かせることができる、心をふるわせられることができるグループはいないのでは?と思うほど、心にしみる曲を届けてくれます。

「遠く 遠く 果てしなく続く 道の上から  強い 思い  あの光まで 届いて欲しい」

 

3.のバンプは基本的に宇宙に関する曲が多いです。

どれも、僕は好きなのですが、今回はこの3曲をあげたいと思います。

特に、「プラネタリウム」という曲で、プラネタリウムというと大塚愛さんの方を考える方が多いと思います。あちらの曲も名曲ですが、僕はというとバンプの方がスタンダードになっています笑

めちゃくちゃいい曲です。 ザ宇宙の曲ですね。大塚愛さんの方も好きですが、個人的にこっちが好きなんです。

 

4.はアジカンの曲です。お前、何べんアジカン推すんだって感じで恐縮なんですが、はまってしまっているので、致し方なく。

盛り上がる、やる気が出る曲です。アジカンあまり聞かないよって人でも、聴きやすくいい曲だと思います。

 

他にも、色々な曲はあるのですが、超個人的に特に好きな曲これ!ってものをあげたので、入れきれなかったものはすみません。

また、まだ入れたい曲はあるのですが、疲れてしまったので、また今度、第二回をしたいと思います。(ELLEのsupernovaとか)

 

それでは、おやすみなさいzzz

 

 

 

ボードゲームの可能性

どーも しっとこです。

 

最近、読んだ漫画の中で、面白いなあと思う漫画がありまして、

 

「放課後すごろく倶楽部」というマンガなのですが

 

内容は、京都が舞台のボードゲームを題材にした内容です。

 

引っ込み思案だけどボードゲームを通じて少しずつ明るくなっていく主人公のミキと、引っ越してきたとても明るい女の子、あや、しっかり者でボードゲームに詳しい委員長のミドリ、この三人が様々なボードゲームを遊んでいく物語なのですが、

 

トーリーも面白いことさるながら、ボードゲームの可能性を感じました。

 

最近ではボードゲームカフェなどもあるため、少しずつ浸透してきた部分もありますが、今の所北海道ではあまり見かけたりしていません。

 

純粋に、物事を考える上でも、遊びや面白くするためにはどうすれば良いのかという思考はすごく重要なことなのでは?と思います。

 

ゲームバランスや、運の要素、初心者から上級者まで楽しめるようにどうすれば良いのか?、そのようなことを考えるのは、とても充実した有意義なことだと自分で思い、この本を読んで、自分もゲームを作りたいと思いました。

 

 

 

最近のゲームもよく作られているものばかりですごいと思いますが、アプリなど様々出ています。

 

ただ、昔は子供であった頃は、制限があったため、擦り切れるほどに遊ぶことをしていましたが、

 

今では、欲しいものがすぐ手に入るようになり、その分、飽きがすぐきて、次のものを手にいれるサイクルが早くなり、物の大事さが薄れている気もします。

 

時間の流れや、時代の流れであるため、防ぎようのないことであり、防ぐことでもないのかもしれませんが、みんながその危機感に少しずつ気づいていくとしたら。

 

こんな時代にこそ、面と向かって遊ぶボードゲームは流行ってくるのかもしれません

今になってNumber Girl を聞いている

どーも しっとこです。

 

アジカンが好きで聞いていたら、次の曲を知りました。

 

www.youtube.com

 

この曲って2002年に解散したNUMBER GIRLというバンドの「透明少女」という曲です。ライブでカバーしたみたいですね。

 

そもそもアジカンのゴッチはナンバーガールのファンで、好きすぎてNumber Girl symdrom の略である「NGS」という曲を作ったそうです。

 

僕自身、NGSはずっと前から知っていたんですが、ずっとナンバーガールのことを外国のバンドだと勝手に思っていたんですね。

 

んで、今更ながら他の曲を聴いてみたんですが、

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

真面目にめちゃくちゃカッコよくないですか?

 

正直、今までなんで知らなかったんだろうと思うくらい、よかったです。

ライブの独特の感じ、ボーカルの人(向井さん)は街中にいたら、絶対気づかれなさそうなくらい、普通の人に見えるのに、めちゃくちゃかっこいいんですよね。

 

こういう人、惹かれるし憧れるなあと思います。内側の部分がズドンとくる感じ。

失礼になってしまうかもしれませんが、正直顔はイケメンではないのかもしれませんが、へたな顔イケメンより、よっぽどイケメンに見えると思います。

 

自分が時代に逆行していってる気もしますが笑、今こういうバンドは少ないんじゃないかなあと思うので、今だからこそ聴いてほしいなあと思います