読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジカン祭り

こんにちは しっとこです。

 

実は最近、またアジカン熱が上がってきています。

 

昔から好きでしたが、よく聞いていたのが昔の曲だったので、最近の曲はあまりきいていませんでした。

 

でも、聞いていくうちに、やっぱアジカン最高なんじゃないか...と思うようになってきていて。

 

自分は、「ソルファ」、「君繋ファイブエム」,「崩壊アンプリファー」とかを聞いていて、他にはシングル曲や、「フィードバックファイル」などを聞いていたんですが、アルバムの中にも、「好きな曲」「そんなでもない曲」がありました。

 

でも、最近アジカンを聞いて、あの頃はそんなでもなかったのに、めっちゃ良い!ってなったりしていて、

今「ワールド ワールド ワールド」がめっちゃ良いなってなっています

 

最初はわからなかったけど、聞けば聞くほど味がででくるアジカンは本当にスルメみたいに良いバンドだと思いますね

 

んで、詳しい人にとっては今さらかもしれませんが、

今自分の中で来ているのは、

稲村ヶ崎ジェーン」「十二進法の夕景」「新しい世界」です。

 

全部、最初はそんなに聞いていなくて、あれだったんですけど、今めちゃめちゃ好きです。何回も何回も聞いて、リピートしていて。

 

稲村ヶ崎ジェーン」と「新しい世界」は明るいテンポの曲です。

 

稲村ヶ崎ジェーンはスキップしたくなるような曲ですね。ゆるい感じなんですが、おしゃれな感じもする良曲です。

 

新しい世界はpvがあって、そのpvがアジカンのジャケットをモチーフにしたpvとなっています。

 

自分、最近それを知りまして、なぜ知らなかったんだ!とびっくりしました。

この曲も気持ちが明るくなる曲で、前に前進したくなる、走り出したくなる、そんな最高の曲です。

 

そして、十二進法の夕景は、アジカンの良さが詰まっています。

 

これは、フィードバックファイル2に入っていて、nanomugen2006の収録曲となっています。

 

この曲は、感動する曲です。僕はアジカンの海岸通りという曲が好きで、その曲もせつない曲調ですが、テンポは基本的にゆったりしています。

 

十二進法の夕景も、はじめはゆったりですが、曲調が変化していきます。

 

その緩急、サビに入るまでの盛り上げ方が凄すぎて、ザ・アジカンといった好きな曲調になっています。

 

特に一番好きな所が最後の大サビ部分では、本当に感動しました。 

 

本当に、物語を聞いているような、起承転結が曲の中で繰り広げられているような感覚でした。

 

歌詞も素晴らしく、完成されている曲です。

シングルでも良い曲だと思っています。 というかアジカンの曲は基本シングルでも良い曲が入りまくりなので。

 

実際にRe.Re.がシングルででた時は、さすがだなあと思いました。

 

自分の中で、Bumpに次いで、殿堂入りしているアジカンについてでした。