読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNOjan

今日、北海道は大雪でした。

 

こんばんは、しっとこです。

 

いきなりなんですが、みなさん麻雀ってどういうイメージ持たれていますかね?

 

僕は、おじさんがやるもの、博打、賭博、アカギ...などなど、と思っていて、あまりいいものと考えていませんでした。

みなさんも、あんまりポジティブなイメージより、ネガティブなイメージが大きいんじゃないでしょうか?

 

でも、ゲームの中身自体、高度な心理戦や運が必要で、かなりと面白いものであると思うんです。

 

頭の回転も速くなければいけないので、最近では地頭を鍛えるのにもいいとも思います。

 

日本では、トランプはよくて、麻雀はなんとなくイメージが悪いなあという雰囲気をなんとなく感じていて、ゲームとして面白いので、もっと馴染みやすければなあと思って。

 

そこでUNOjanってゲームを考えました。UNOぐらい馴染みやすければ、老若男女にできるのではないかと。

 

あれば、マージャンの牌で、なければカードを作成しようかと。

 

ルールはウノと似ていて。

・それぞれのカード(牌)の説明

ピンズ→青色

マンズ→赤色

ソーズ→緑色

UNOと違って、黄色はないです。

白→色を決めれるカード(好きな色に変えられる)

發→スキップカード(色はそのまま)

中→リバースカード(色はそのまま)

東西南北→2drow(しかし、その時の場の風が東なら東→4drow)

 

・ルール

同じ数字か同じ種類のものをだせる。東西南北白發中は何色からでもだせる。

東西南北白發中では上がれない。

同じ数字のものを2枚持っていたら、2枚同時にだせる。

最初、13牌取って最初に全部無くした人の勝ち

残り一つになったら「リーチ!」という。

上がる時は、「ロン!」という。

リーチせず、引いた牌で2枚同時などで上がったら「ツモ!」といって上がる。

出せる牌がなければ一個引く。

 

大きく分けるとこんな感じです。

具体的にもっと決めると、

4人でやるとき、自分の風を決める。自分の風の牌ならdrow4

それ以上の人数の時は、好きに決めるか、サイコロで親の人から数えて決める。

赤い5の牌を出した時は、他の人が1枚ずつ引く。

 

あとは、ドラを決めてあげると面白いかも。

ドラの牌を出したら、他の人が一枚ずつ引くとか。

 

あとは、役あると面白いかも。

白發中がそろうと、指定した人に3枚ふやすとか。

 

一気通貫が揃ったら、一気に出せて、他全員に3枚ずつとか。むずいか。

 

色々考えてみましたが、調べてみたら思いついてる方いらっしゃるみたいですね。

商品化してみたら面白そうですけどねー